2008年02月08日

ごぶごぶごぼごぼ

このタイトル「ごぶごぶごぼごぼ」、何のことか分かりますか。
分かる方は、分かると思います。続きを読む
posted by haem at 05:59| ☀| Comment(41) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

Knirps(クニルプス)

お久しぶりです。

もう、かれこれ半年ぶりくらいかもしれません。
ようやく、生活のリズムが戻ってきて、ブログを更新する余裕ができました。
色々な方からトラックバックやコメントをいただいていたのに返すことができなくて申し訳ありません。これからは、定期的に更新していくよう頑張りますので、宜しくお願いします。

と言うことで、再開第一発目でいきなりKnirpsってなんだ?て思う方もいるでしょう。

Knirpsとは、クニルプスと読みます。
Knirpsは、ドイツの傘メーカーなんですが、世界で最初に折畳み傘を発売して、現在でもトップメーカーであり続けている老舗です。
ヨーロッパでは、Knirpsと言ったら、折畳み傘のことだというぐらい有名らしいです。

まー薀蓄はこのぐらいにして、ようは折畳み傘が欲しいなーと色々探してみて辿りついたのが、このKnirpsだったわけです。
もう、即決で買ってしまいました。

1月20日からAmazonギフト券20%還元プログラムの対象ブランドになりました!

Knirps.jpg

応援よろしくお願いいたします。

続きを読む
posted by haem at 19:33| ☔| Comment(0) | TrackBack(7) | 小物類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月19日

ゲームボーイミクロ

9月13日(火)にスーパーマリオブラザーズ生誕20周年を祝って、ゲームボーイミクロの発売とスーパーマリオブラザーズのソフトが再販されました!

もうCMで見た瞬間から欲しくなっていました。
ビックカメラやヨドバシカメラなど大型家電店などに行くとあの懐かしい音楽、クリボーを踏む音、マリオが死ぬときの音が流れていました。
もう、我慢ならず買うことを決意し、土曜日に買いに行ったのですが。。。

ない!
ファミコンカラーが!

どこを見てもファミコンカラーは入荷未定。それ以外のカラーは全部売っていましたが、買う気になりませんでした。
だって、本体裏面に『スーパーマリオブラザーズ』の生誕20周年を祝した刻印があるのは、このファミコンバージョンだけ。
それにファミコンをノスタルジックに味わいたいファミコン世代の私にとってはファミコンカラー以外の選択肢はなかったわけです。
がっくりしました。

でも、諦めきれない私は、必死で探しました。

そして、遂に見付けました!

デパートのおもちゃ売り場にあったんです!

いやー盲点でした。
よくよく考えてみれば、ファミコンのソフトなんて最近の子供にとってはどこ吹く風で、興味がないんですよね。最近のゲーム自体が進みすぎていて、あんなちゃちなものはやってられるかって感じなんでしょうね。デパートのおもちゃ売り場にどうどうと試験用に展示されていたスーパーマリオブラザーズは子供がいるにも関わらず、誰一人としてプレイしていませんでした。大型店では、大の大人が群がって、プレイするのに並んでいる状態だったのに。。。
ちょっと悲しかったです。

まーでも、任天堂もそういうファミコン世代をターゲットとしているでしょうから、私は任天堂の作戦にまんまとはまってしまったわけですが、それはそれで良いです!

そして、帰って早速やりました!
お、面白い!
こんなに面白かったかなー古くて懐かしいのに新鮮さがありました。
走りゲーの元祖といってもいいでしょうが、こんなに洗練されていたんだなーと改めて思いました。
もうしばらくは夜更かしが続きそうですね。

調べてみるとゲームボーイアドバンスのソフトでファミコンのソフトがいくつか他にも復刻しているみたいで、どれもやりたくなってしまいました。
次は、ボンバーマンスターソルジャーを買おうかな。
ソフトの価値も本当に落ちましたよねー、スーパーマリオブラザーズだって当時は4,000〜5,000円したような記憶がありますが、今じゃ2,000円ですもんねー。






応援よろしくお願いいたします。
posted by haem at 10:25| ☀| Comment(6) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月02日

20代 仕事筋の鍛え方(山本 真司)

これで、山本氏の本を読むのは、4冊目ですね。
ここまでいくとファンなのかな?
最近、ビジネス本ばっかり読んでいる気が。。。

まーそんなことはさておき、
8/20に出たばっかりの山本真司氏最新作、「20代 仕事筋の鍛え方」です。

山本氏は、読者のターゲットを40代「40歳からの仕事術」、30代「30歳からの成長戦略」、そして、今回は20代「20代 仕事筋の鍛え方」と変えていきました。
著書にも書かれていますが、山本氏は20代が考えていることがわからなかったのが、近づいてみるとすごくよく分かって、非常に良く考え悩んでいるのを知って、自分にできることがないかと考えた末に執筆されたものです。
山本氏が20代で経験された苦労が凝縮されており、見習うべき点が数多くありました。

この本には大きく、20代で得るべき仕事筋と称して、4つの力を挙げています。

1.極端力
2.努力力
3.学習力
4.受容力

です。

これらの力の詳細は本に任せますが、これらの力を得ることによって、どんな仕事に就いたとしても適応できるようになると思います。
簡単に得られるようなものではありませんが、目先の技術のように本を読めば、得られるような知識とはまったく別物です。
技術は流行り廃りがありますが、この力は流行りに左右されません。どんなときにも必ず必要です。そして、10年後、20年後も第一線で働いている人、今トップで走り続けている人たちもこれらの力は、自然に身につけられたのか、意識して身につけたのかは別として必ず持っていると思います。

成功するイコール今すぐ金持ちになるということじゃないということも切実に書かれています。

「生き急ぎ症候群」

心に響きましたね〜。
私もそうならないように努力します。

皆様のお陰で10,000ヒットすることができました。
これからも宜しくお願いします。

応援よろしくお願いいたします。

posted by haem at 12:00| ☀| Comment(4) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月31日

できる人の書き方(樋口 裕一)

あの「頭がいい人、悪い人の話し方」で有名な樋口裕一氏の著書で「できる人の書き方」というものを読んでみました。

読んでみよう!と思ったきっかけは、今年職場に久々の後輩が入社し、私がその後輩のOJT担当となったことです。(こんな小童の私がなぜ?と思いましたが。)
入社と書きましたが、正式にはまだ入社しておらず、試用期間みたいな感じなんです。
これから入社試験があるのですが、試験内容が小論文なんです。
入社試験ですから、大体書かせる内容は、意気込みとかになるっていうのはわかっているので、練習させるために適当なテーマを与えて後輩に書いてきてもらいました。
読んでみると。。。さっぱり分かりません!何が言いたいのか分からず、説明してもらいました。
しかし、説明されても分かりませんでした。
ともかく、難しい言葉が羅列されており、私が聞いたことないような単語があり、その単語に注釈がついているわけでもないので、本当にちんぷんかんぷん。
これはちょっと文章に問題があるんじゃないの?と言おうものなら、大学時代の研究テーマみたいなものまで語られて、さらにちんぷんかんぷん。
だから要は何が言いたいの?と聞いても、一言や一文で纏められず、永遠に話すのではないか?と思ってしまうほどのマシンガントークが炸裂します。

ふぅー
私も文章力があるわけじゃないので、ちょっと本からの知識を引用すべく、この本に手に取りました。これも後輩のため!

で、内容ですが、うんうんと唸ってしまい、妙に後輩がしていることとだぶる部分まで指摘されており、感心してしまいました。
私自身の勉強にもなりましたし、後輩へのアドバイスを得たというより、後輩があのような文章を書いてしまう深層心理が分かったような気がします。
特に、「難読漢字や外来語を知っていて使いこなせることが、頭の良さの証しであるかのように思われている。これは日本人全体の傾向と言って間違いないだろう。」は、素晴らしい指摘だと思いました。後輩にズバリ当てはまります。自分は頭が良いんだ!これが分からないのは頭が悪いんだ!と思っているのでしょう。ですので、私は馬鹿扱いされている可能性がありますが。。。
しかし、樋口裕一氏はこう書かれています。
「難しい言葉や表現はむしろわかりにくくなるので、無理して使うべきではない。」
その通りだ!!!
分かりにくくしているだけだ!
声高にして後輩に言いたい!
と言うか読め!この本を!

明日読ませよう!

何だか、愚痴っぽくなってしまいました。すみません。
この記事を見直すと自分が読んで、推敲しろよ!って言わなきゃいけないですね。
もう一度、読み返して、自分の文章力をあげるよう鍛えます。



応援よろしくお願いいたします。
posted by haem at 10:00| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月28日

Ozawa-ken

Ozawa-kenというタイピングゲームをご存知ですか?
フリーウェアなんですが、お金を出して買うソフトより遥かに面白く、かつためになります。
実は私、これでブラインドタッチを覚えました。
リリースされてからもう何年も経っているので、今では斬新ではありませんが、当初は本当に新感覚で他に類を見ない面白さでした。

メニューは大きく分けて三つあり、「格闘ゲーム(Typing Battle)」「電気瓦割り修行(Electric Chopping Kawara)」「電気板割り修行(Electric Punching Board)」です。
特に面白いのが、格闘ゲームで、ゲームを楽しんでるのか練習してるのか分からなくなってしまいます。しかし、ゲーム感覚で楽しんでいるうちに、いつの間にかタイピングも上達しています。

それぞれのメニューモードには、点数がつき、ランキングも公開されています。
まー、ここにランキングされている人たちは神の領域に達していると言っても過言ではありません。因みに当たり前ですが、私はランキングされていません。
私は、quadras_s.gifで限界を感じています。。。

みなさんもお暇であればやられてみては? ⇒ Ozawa-ken

応援よろしくお願いいたします。
posted by haem at 10:19| ☁| Comment(2) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月20日

コメント力(齋藤 孝)

最近、よくテレビで見かける齋藤孝教授の著書「コメント力」を紹介したいと思います。

コメント力、あまり聞かない言葉ですよね。
最近は、斎藤教授が広めているので、定着しつつある言葉ですが、
学校の授業で習うわけではないですし、そんな教科はないですから。

しかし、社会人になると否が応でもこの力は必要になることを思い知らされます。
今まで意識したことがない力ですから、自然に鍛えられている方もいらっしゃれば、全然ダメっていう方もいらっしゃると思います。

この本は、今まで意識しなかったコメントという力を意識させ、向上させることが目的とされています。
どうやったら、コメントがうまくなるか?
この疑問に答えてくれます。

まずは、人まねをしてみることが一番手っ取り早いことから、さまざまな著名人の心に残るコメントがたくさん掲載されており、どう素晴らしいのかが解説されています。
私もこれを見て、どこかで使ってやろうと思える決め台詞がたくさんありました。
なかなか言えないでしょうけどね。
なんか、そんなこと言ったら、キャラ変わったよね?とか突っ込まれてしまいそうですから。
でも、あんなこと言えたらかっこいいよなーって思います。
TPOを間違えなければですけど。

この本の面白いところは、漫画も題材にされているところです。
「天才バカボン」のバカボンパパや「エースをねらえ!」の岡コーチ、「ムーミン」のスナフキンとさまざまなキャラクターのコメントについても書かれています。
こんな切り口であのキャラクター達のセリフをコメントとして捉えて、解説している本なんて見たことありません。

私も漫画のキャラクターのセリフは大好きですから、よく覚えています。
私は大のJOJO好きで、特に承太郎のセリフは頭に刻み込まれています。
第4部で、仗助の父親が殺され、自分の能力で必死に生き返らせようとする仗助に言ったあの承太郎のセリフ「人間は何かを破壊して生きているといってもいい生物だ。その中でお前の能力はこの世のどんなことよりも優しい」。かっこよすぎです。本当にその通りだと思いました。
JOJOは擬音で有名ですが、コメント集だと言っても良いくらい、さまざまな名コメントを残しています。

まー私の話はさておき、コメント力から一つ引用して、試していることがあります。
それは、食べ物を食べたときの感想を「おいしい!」や「うまい!」といった言葉を使わずに表現することです。
やってみるとこれが本当に難しい!
みなさんもやってみてはいかがですか?
この他にもコメント力を鍛える方法が満載です。



応援よろしくお願いいたします。

posted by haem at 12:43| ☀| Comment(5) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月14日

横浜そごうへ行く。

本当に、久しぶりに横浜そごうに行きました。

そうしたら、10階のレストラン街が一新されていました!
(6月28日(火)からすでに一新されていたらしいです。後から知りました。)

昔ながらの店も残っていましたが、新しい店舗が多かったですね〜。
新しいからというのもあるかもしれませんが、大盛況で、並んでいるところが多かったです。
新装する前は、そんな並んでいるところはなかったんでは???

私たちは、京はやしや「林屋茶園」という和風カフェに入りました。
林屋あんみつを食べたのですが、今まで食べたことがないあんみつでした。
一番の違いは、ワラビ餅ですね。
ワラビ餅が入っているあんみつ自体初めて食べましたが、このワラビ餅のもっちり感といい、みずみずしさといい、あんみつに合うんです。
普通は、ぎゅうひですよねー。
ぎゅうひは、みずみずしさはなく、もっちり感というよりは、ちょっと固いかなーというものですので、このワラビ餅とは正反対の位置にあります。
今度は、ワラビ餅単体で食べたいと思いました。

あとは、茶葉の佃煮ですねー。
口直しにこういうものを使うところは、創業250年の伝統を感じます。

結構並んだのですが、並んだかいはありました。

応援よろしくお願いいたします。

posted by haem at 08:22| ☁| Comment(1) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月02日

ド○ール

今日、ド○ールのサービス度合いを垣間見てしまいました。

私の住んでいる町の駅前にドトールがあります。

私のド○ールのゼリー・イン・カフェラテが大好きで、閉店時間である21時前に駅前にたどり着くことができ、このゼリー・イン・カフェラテを買って帰ることができたら、その日満足して寝ることができます。(結構、単純!(笑)

そんな商品があるド○ールですから、休日のお昼なんかもよく利用します。

今日は、代休を取っていましたので、遅い昼飯を取ろうとド○ールへ向かいました。
ジャーマンドッグとスパイシードッグ、ゼリー・イン・カフェラテを2個を注文して、持ち帰りにしました。
帰って、さあ昼飯でも食うかと袋を開けてみると、

応援よろしくお願いいたします。

なんと!
posted by haem at 02:31| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月25日

ベイスターズは優勝できるのか?

ここ最近めっきりとブログが更新できず、悲しいです。
久々に仕事が休めたので、おもいっきり更新してやります!
(他にやることがいっぱいあるのに!)

そんなことはさておき、ベイスターズ!

最近は、ベイスターズに関わるニュースが盛りだくさんでしたね〜!

まずは、多村の事故!

横横の釜利谷JCTあたりで、右にハンドルを切った際にスリップ。車線右側の中央分離帯に衝突し、その衝撃で乗用車は車線左側の側壁に衝突して止まったと。
スピード出しすぎによるハンドル操作ミスだったようです。

もう、それじゃなくてもぎっくり腰で、戦列を離れていて、ようやく7月2日の阪神戦で復帰が見込まれていたのにーーーー!
今は、4番を佐伯がはっていますけど、主砲はお前なんだー!
これから優勝に向かって、阪神を叩かなければならないのに、こんなときにさらに長い戦列離脱になってしまうとは。。。
3冠を狙える右の大砲なんて、ここ最近の日本球界では多村ぐらいしかいないです。
(今年も首位打者、ホームラン王は充分に狙えたのに。。。)
ファンに迷惑を掛けた分だけ、復帰後の活躍を期待しています。
早く帰ってきてくれ〜〜〜!

応援よろしくお願いいたします。


続きを読む
posted by haem at 16:28| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ベイスターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月03日

東大生が書いたやさしい株の教科書(東京大学Agents)

今日は、中国出張中に読破した本の第2弾です。
またまた、株の本ですが、「東大生が書いたやさしい株の教科書」です。

Amazonの評価は結構辛口ですが、私にとっては非常に勉強になりました。
「3万円ではじめるネット株―「超」少額投資で株入門!」を読んだだけでは、すぐに投資ができるとは自分で思いませんでしたが、この本を読んで、証券会社を本格的に選び始め、株式関連の雑誌も読むようになりました。
(因みに、「日経マネー」を読んでいるのですが、これがなかなか難しいです。もうちょっと敷居の低そうな
「DIAMOND ZAI」とか「あるじゃん」にするべきだったと後悔しています。。。)

本の内容ですが、東大生が集まって作った投資クラブで得た知識を会話形式で分かりやすく表現されています。
「3万円ではじめるネット株―「超」少額投資で株入門!」も非常に分かりやすいのですが、この本は本当にネットトレードをすることにフォーカスがあたっているので、株についての詳細な情報が少ないです。
これを補ってくれるのが今回紹介している、「東大生が書いたやさしい株の教科書」です。
株式投資のための知識だけでなく、この投資クラブが考える投資へのモデルも書かれており、参考になります。
これから株式投資を始めようと思っても、まず証券会社に申し込んで、お金を入れて、買いたい株を選んで、株を買って・・・っとそれで一体投資と言えるんでしょうか?
あくまで投資ですから、ゴールを利益を得なければなりません。もちろん、損をすることもあるでしょう。結局、負けてはいけないのです。株式投資をしている周りの方々にです。
いかに情報を集めるか?自分の中での投資のルールが作れるか?こういったことを行わなければ勝てる投資はできないことを教えてくれます。
結局は、自分で考えるしかないということになるのですが、その考えにいたるまでの一助となってくれることは間違いないです。

これから実際に投資をしていこうと思っていますので、それも記事にしていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。(別のブログを作ろうかな?)



応援よろしくお願いいたします。

posted by haem at 13:19| ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月26日

ブラインド・ホライズン(ヴァル・キルマー)

今日は、ヴァル・キルマー主演の「ブラインド・ホライズン」を紹介したいと思います。

ざっくりとしたストーリーは、記憶喪失の男が、記憶を取り戻すにつれて、記憶喪失前の自分を客観的に見るというのがメインです。そして、思い出した後にどんな行動を取るかというのが最大の山場です。

ん〜。さまざまな人物が出てきて、さまざまな場所で伏線がはられているので、見逃すとわけが分からなくなってしまいます。
ビデオで観たので、巻き戻して見逃さずに済みましたが、映画館で観ていたとしたらぞっとしていまいます。
分けが分かっても今ひとつかな?という感はあります。
特に、終わり方が。。。あんな終わり方ありなんかなー。なんだか、記憶失ってラッキー?人生変わって良い方向に向いちゃうなんて、都合良過ぎるんじゃないの?って思っちゃいますね。

B0007MCIEW.09._PE_SCMZZZZZZZ_.jpg


応援よろしくお願いいたします。

続きを読む
posted by haem at 16:04| ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月18日

3万円ではじめるネット株―「超」少額投資で株入門!

今日は、今までとは毛色の違う株についての本を紹介したいと思います。
中国出張中に読破した本の一つです。
「Yahoo!ファイナンスではじめる株のある生活」に続く、ディー・アートの「株」本、第2弾になる「3万円ではじめるネット株―「超」少額投資で株入門!」です。

株式には、前々から興味があって本屋に行くと関連本を探すのですが、どれも難しそうな内容で、初心者には取っ付きにくく、なかなか始められませんでした。
そして、ようやく初心者の私でも読んで理解できそうな本を発見しました。
それが、「3万円ではじめるネット株―「超」少額投資で株入門!」です。
まず、3万円でというところに魅かれました。初心者の私からすると株は博打であり、興味はあるけれども損をしそうで怖い。かなり高額な資金を投入しなければならないので、私には出来ないという固定概念がありました。そんな概念をタイトルで払拭してくれた株式の本は、この本だけだと思います。当然、中身も初心者が本当に3万円から株式投資を始めるところまでが書かれています。もちろん、株は博打性がありますので、この本を読んだから儲かるということではないのですが、3万円から始めるということは間違いなく出来ます。そして、今はブロードバンド環境が整っていますので、いちいち証券会社に出向いたり、電話したりしなくてもインターネットで株式の売買をすることができます。それをネット株と呼び、この本もそのネット株に焦点があたっています。ですので、資金を3万円もって、ブロードバンド環境が家に整っているのであれば、すぐにでも株式投資を始めることができます。(実際には、証券会社への申し込みに時間がかかったり、買う株を決めたりといろいろあるので、明日には株が買えるということにはならないですが。)

私の会社では、損益計算書であったり、貸借対照表といった財務諸表が回覧のようなもので、回ってきます。私は一応SEですから、そんなものがぽっときても、はっきり言ってさっぱりです。だからと言って、読み方を誰かが教えてくれるわけではありません。せっかく回ってきている資料が読めないなんて!ましてや、このまま会社の財政状況を理解できないのが悔しくて、財務諸表を読めるようになることを目的に日商簿記3級を取得をしました!
勉強を始めてみると、簿記は非常に面白いです。内容もさりとて、最近、システムの本ばかり読んでいた自分には新鮮さが面白さを引き立てました。本当に止まらなくなってしまって、日商簿記3級の資格を取るだけでは足らず、会計学にまで興味を持ってしまって、「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」を始め、山田真哉氏の著書を読み漁りました。(これらの本についても近々コメントしたいと思います。)そして、ついには株にも興味をもったのです。しかし、株に興味はもったものの、簿記や会計学より敷居が高く、本当になかなか自分にあった本が見つけられなかったのです。ようやく見つけたときは感動しました。というか新刊だったので、ようやく出たかという感じですかね。
読み終わった今、すぐにでも株式投資を始めようかとも思いましたが、もう少し株式について掘り下げた知識を身に付けてからにしようと思います。
すでに本は購入済みで、今読んでいる途中です。
この本も読み終わったら、コメントします。

とにかく、この本は株を始めてみたいなーと思っている初心者の方にはオススメです!

4886487416.09.MZZZZZZZ.jpg


応援よろしくお願いいたします。

続きを読む
posted by haem at 10:30| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月11日

中国出張!パート1

今週一週間、中国出張に行ってきました。
ブログが更新できず、悲しかったですが、日本では横浜ベイスターズが好調で5連勝!サッカー日本代表もワールドカップ行きを決め、明るい話題が中国にも流れてきて楽しく仕事も出来ました。

さて、その中国ですが、2つの都市?に出張してきました。
寧波と上海です。
まず、寧波というところなんですが、場所で言うと上海から南に飛行機で30分ほど行ったところです。成田空港から直行便で杭州というところに飛んで、そこから車で2時間(平均120Km/hで飛ばして!!!)のところにあります。上海から乗り継ぎという方法もあるんですが、便数が少なく、その日の午後に入って、仕事がするのが難しいので、杭州周りで行きました。(かなり強硬な日程でしたので。。。)かなり中国の中でも田舎らしいです。
仕事も無事に終わり、寧波の中でも高級料理店と呼ばれる中華料理屋に連れて行ってもらいました。そこは、生け簀が用意されており、活きた食材(亀や海老、魚などさまざまな食材、海産物が多かったが、日本では見たこともないような色をしていたり、形をしており、まったくもって読めない漢字で書いてあったので、何の種類だかも分からなかった。。。こんなん食えるかーって食材もあり、ゲテモノを食わされるのかと思ってドキドキしてしまいました。)を選んで、調理法法を指定して、食べる方式なのです!!!びっくりですよね〜。自分で、調理方法まで決めなくてはならないんですからね〜。寧波は上海などと違って、観光地ではないですから、当然、日本語は通じず、英語さえも通じません。なんと4つ星ホテルでさえも!私一人ではどうにもならない町でした。筆談はなんとかなるんですけどねー。
ちなみに生け簀はこんな感じでした。

DSCN0029.JPG

上海については、また明日以降、記事を書こうと思います。
アメリカ出張も去年行ったのですが、中国の方が衝撃的でしたね〜。まだまだ驚かされたことが多く、書きたいことがいっぱいです!

応援よろしくお願いいたします。
posted by haem at 12:23| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月05日

閉ざされた森(ジョン・トラボルタ)

今日は、「閉ざされた森」を紹介したいと思います。

混乱しました。
とにかく、密林が舞台ということで、登場人物の顔が良く見えないし、見えない上にところどころしか登場してこないので、顔と名前が一致しません。
ようやく一致してきたかな〜と思ったら、本当の名前じゃない!
一体なんなんだ!と怒りたくもなってしまいました。
でも、面白かったです!
釘付けで観ないと何が何だか分からなくなってしまうから気が抜けないというのは、この映画の作戦にハマってしまっているような気がしますが。。。
ここまで、どんでん返しを楽しめる映画はなかなかないかと思います。
謎を解こうと思っても、絶対に解けないというところも良いと思います。
もう一度観て、つじつまがあうようにしたいです。

B0002T1ZEO.09.MZZZZZZZ.jpg


応援よろしくお願いいたします。

続きを読む
posted by haem at 03:39| ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月02日

最新宇宙論と天文学を楽しむ本(佐藤 勝彦)

今日は、ちょっと趣向が違う本を紹介したいと思います。
私は星を見るのが好きで、というとなんだかロマンチストに思われてしまいそうですが、そう好きではないんです。星を見て研究をするというのが天文学(単純にそれだけではないですが。)で、そんなことはお金にもならないのに学問として、そして、仕事として成り立っていることがなんだか日常生活とすごくかけ離れているので、この分野のことに接すると落ち着くんです。何を言っているのかわからなくなってしまいました。。。生活に何の役にも立たないことをお金をかけて、宇宙の誕生のことなどを考えたり知ることは、ちょっと高尚な気分になったりします。宇宙論や天文学が何の役にも立たないわけではありませんが、一般の人が一生踏み入ることがなくても生活に支障をきたすことなどないでしょう。それが良いのです。私の中ではもっともストレスを感じることなく、楽しめる分野なのです。
そんな分野ですが、学問的な数式であったり、考え方は非常に難しいことばかりです。その難しい数式や考え方を身近な疑問から解き明かしてくれるのが今回紹介する「最新宇宙論と天文学を楽しむ本」です。その名の通り、楽しむことが出来る本ですので、気軽に読むことができます。深く知りたいという方にはオススメしませんが、入門するにはもってこいだと思います。宇宙はどうやって誕生したのか?ブラックホールってなに?光の速さって?さまざまな疑問に答えてくれます。

4569572995.09.MZZZZZZZ.jpg


応援よろしくお願いいたします。

posted by haem at 09:19| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月01日

花火6発!楽天に快勝!

いやーベイスターズファンにはたまらない試合内容でしたね〜
初回にいきなり石井琢朗、小池と二者連続ホームラン!金城のセンター前ヒットをはさんで、佐伯のツーラン、そしてとどめは多村のホームランキング独走の17号ソロホームラン!ワンアウトと取れず、楽天の先発山村は降板!この時点で楽天ファンは帰った方も多いのではないでしょうか?初回で今日は絶対勝てると確信しました。
終わってみれば9対3の快勝!先発セドリックも初回に2点を献上してしまいましたが、その後は立ち直り、138球の熱投で完投勝利!素晴らしかったです。
この勢いで明日も勝って、楽天を3タテです。でもどうやら明日は雨らしいんですよね〜。せっかくの連勝に水が差されてしまいます。実は、明日は球場に足を運ぼうと思っていたんです。晴れないかな〜。

応援よろしくお願いいたします。

posted by haem at 23:48| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ベイスターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月31日

久しぶりの更新

しばらく記事の更新を休んでいましたが、今日から再開いたします。
よろしくお願いします。

応援よろしくお願いいたします。
posted by haem at 06:26| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月27日

龍太郎初勝利!多村は本塁打王に向かって量産体勢!

いやーようやくソフトバンクに勝てましたね〜。
チームが勝てていないときも多村はすごかった。5試合で5ホームランですから、このペースじゃー去年の40本は軽く越えてしまいそうです。今年も出足が遅れているだけにもったいないですけど。龍太郎。ようやく勝てました。はやくローテーション入りできるように安定したピッチングを期待しています。
あとは、クルーンですが、160Km/h出ませんでしたね〜。投げるたびに否が応でも期待を寄せてしまいます。やっぱり調子が良くなる夏場までは我慢しなくてはならないですか。
とりあえず、チームは3タテを阻止して、広島が負けてくれたので、何とか4位に浮上できました。あとは、中日が交流戦の間に転げ落ちてきたので、いつの間にか1.5ゲーム差しかなくなってるんで、3位も射程内に入りました。
今日からロッテ戦です。巨人を3タテして勢いがあります。ビジターという点でも不利ですが、2勝1敗でいってくれることを切に願ってます。
頑張れベイスターズ!

応援よろしくお願いいたします。
posted by haem at 04:21| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ベイスターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月24日

さおだけ屋はなぜ潰れないのか?(山田 真哉)

本業は、SEをやっているのですが、
最近、読む本は仕事とはほど遠い本を読むことが楽しくて、いろいろ読み漁っています。
今日は、会計の入門書を読むきっかけを作ってくれる「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」を紹介したいと思います。

タイトル通り、非常に身近な疑問から会計学とはどんなものなんだ?ということを説明してくれます。会計学=数学・数字という数式が自然と出来上がってしまっている人には、数学がだめ=会計学がだめの数式も成り立ってしまいます。そういった数式が成り立っている方、数学嫌いの方が読んでも、すいすいと読めてしまうように難しい会計用語をなるべく平易なものにして、表現されているので、会計学が食わず嫌いにならないようにしてくれる本です。
私の場合は、数式があてはまるわけではないんですが、「さおだけ屋はなぜ潰れないか?」というタイトルにつられて買ってしまいました。
買った動機が会計学をやりたいからではないので、これから本格的に会計学をやろうとは思いませんが、会計学の入門書を読んでみてもいいかな?と思わせてくれました。
また、話の幅を広げる意味でも、良書だと思います。

4334032915.09.MZZZZZZZ.jpg


応援よろしくお願いいたします。

続きを読む
posted by haem at 07:22| ☁| Comment(4) | TrackBack(56) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。