2005年03月19日

虚貌〈上〉/〈下〉(雫井 脩介)

先日、雫井氏の「火の粉」を紹介しました。
その後、あまりにも面白かったので、常々に雫井氏の他の作品を読みたいと思っていたのですが、ようやく読めました!
「虚貌〈上〉/〈下〉」です!

banner_01.gif

虚貌〈上〉

二十一年前、岐阜県美濃加茂地方で、運送会社を経営する一家が襲われた。

社長夫妻は惨殺され、長女は半身不随、長男は大火傷を負う。

間もなく、運用会社を解雇されていた従業員三人が逮捕され、事件はそれで終わったかに見えた・・・。

虚貌〈下〉

はめられた男の出所から、新たなる惨劇が幕を開ける―。

二十一年前の事件の加害者たちが、何者かによって次々と惨殺された。

癌に侵されてゆく老刑事 滝中は、この事件を最後と決意して命懸けの捜査に乗り出した・・・。


う〜〜〜ん。上巻を読んだ時点では、一体どんな展開が待ち受けているのか全然分からない!

ぐいぐいと引き込まれて、どんどん読み進めていってしまいます!

「火の粉」の紹介のときも書きましたが、雫井氏は、男性とは思えないほど、人物描写がうまく、思わず感情移入してしまいます。それが、主人公と呼ばれる人物だけでなく、登場する主要人物すべてに対してなので、いろんな方向・視点からストーリーを楽しめます!

「火の粉」では、日常起こりえそうな話をゾクゾクしながら読みましたが、今回の「虚貌」では、殺人の場面が目に浮かんできてしまうほどのリアルな表現が、私をゾクゾクさせました!

気持ち悪かったですね〜。

一気に下巻まで読み進めてしまったのですが、少しがっかりしました。。。

私は、ミステリー、推理小説が好きなんですが、そういう点での評価としては、この作品「虚貌」は、はっきり言ってまあまあです。

上巻を読んだ時点では、推理小説としても先の展開が読めず、最高に面白かったのですが、下巻を読んでしまったら、そりゃーないでしょ!と思ってしまいました。

トリックに無理がありすぎるのです!と言うか禁じ手ですね。これを使ってしまったらどんな不可能犯罪も可能になってしまうので、推理する意味がなくなってしまいます。人間ドラマとして最高であることは間違いないのですが、推理小説を期待していただけに残念です。ジャンルを問わず、一冊の本として評価するのであれば、良かったのではないかと思いますが、推理小説としての評価はできません。

ただ、読む価値はあります!




posted by haem at 05:17| ☀| Comment(2) | TrackBack(3) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。りょーちと申します。

「虚貌」ってミステリーとしては、確かに「反則すれすれ」のトリックですよねー。
雫井脩介さんの本は「火の粉」をはじめに読んだのですが、「虚貌」から読んでいたらまた違ったイメージを持ったかもしれません。
なお、雫井脩介さんの「犯人に告ぐ」は私はもんくなく面白く読めました。

ではでは。
Posted by りょーち at 2005年03月21日 22:09
はじめまして、りょーちさん。
コメントありがとうございます。

確かに「虚貌」から読んでいたら、私は、「火の粉」を読まなかったかもしれません。

これから、「犯人に告ぐ」は読みたいと思っています。読みましたらコメントしますので、今後ともよろしくお願いします。
Posted by haem at 2005年03月21日 23:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

『虚貌』??笑顔の下に隠された殺意
Excerpt: 虚貌〈上〉雫井 脩介幻冬舎2003-04売り上げランキング 1,193Amazo
Weblog: 本の林に月の船
Tracked: 2005-03-20 22:31

雫井脩介「虚貌」テレビ朝日系列で7月7日(木)ドラマ放映!!
Excerpt: 虚貌 上(幻冬舎文庫)雫井脩介〔著〕虚貌 下(幻冬舎文庫)雫井脩介〔著〕 雫井脩介氏原作の虚貌が本日7月7日テレビ朝日でサスペンス特別企画としてドラマ放映されるようだ。 mixi(ミクシィ) のコミュ..
Weblog: りょーちの駄文と書評とアフィリエイト
Tracked: 2005-07-07 14:35

「虚貌」雫井脩介
Excerpt: 雫井脩介の作品を初めて読んだ。それがこの「虚貌」だ。(この記事、ネタばれあり)     この物語は1980年に始まる。場所は岐阜県。魚の輸送業者で勤務していた男、荒は仲...
Weblog: りゅうちゃんミストラル
Tracked: 2010-06-01 19:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。