2005年05月12日

会社を変える戦略(山本 真司)

先日、「30歳からの成長戦略」を読んで感銘を受け、著者「山本 真司」氏の本を読み漁ろうと決意したので、その第二弾として、「会社を変える戦略」を読みました。

4061496425.09.MZZZZZZZ.jpg


これが正しい企業改革だ!

戦略的コスト削減とは何か。
「選択と集中」実行のツボは。
最新経営手法を上手に使って強い会社に変える、エグゼクティブ必読の超具体策。

富を生み出すエンジンに点火せよ――
「デイビッド、先日のスピーチで宣言した、私の3つの改革は覚えているね?」
「コスト削減、選択と集中、有事の組織の構築でしたね」
「それにコミュニケーション戦略の実行を加えたい。私の考えでは、
1.『コスト削減』で競争力回復の初速を稼ぎ、
2.『選択と集中』で富創出のエンジンに点火し、
3.『有事の組織』で平安の眠りから民を目覚めさせ、
4.『コミュニケーション戦略』で従業員の心を揺さぶる
――この4つで、わが社の一気呵成の改革を狙いたいんだ」
「面白そうですね。ジムの経営の原理原則が浸透すれば、そしてジムがその原理原則にかなった行動を取りつづければ、成功できると想います」――(本書より)

応援よろしくお願いいたします。

物語仕立てなのですが、書かれていることについては非常に高度です。「40歳からの仕事術」「30歳からの成長戦略」と比べるととっつきにくい部分はありますが、さまざまな知識が凝縮されています。素人の私でも読み進めることができたので、経営学は難しそうで手を付けていなかった方にも良いのではないでしょうか?
posted by haem at 23:35| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。