2005年08月31日

できる人の書き方(樋口 裕一)

あの「頭がいい人、悪い人の話し方」で有名な樋口裕一氏の著書で「できる人の書き方」というものを読んでみました。

読んでみよう!と思ったきっかけは、今年職場に久々の後輩が入社し、私がその後輩のOJT担当となったことです。(こんな小童の私がなぜ?と思いましたが。)
入社と書きましたが、正式にはまだ入社しておらず、試用期間みたいな感じなんです。
これから入社試験があるのですが、試験内容が小論文なんです。
入社試験ですから、大体書かせる内容は、意気込みとかになるっていうのはわかっているので、練習させるために適当なテーマを与えて後輩に書いてきてもらいました。
読んでみると。。。さっぱり分かりません!何が言いたいのか分からず、説明してもらいました。
しかし、説明されても分かりませんでした。
ともかく、難しい言葉が羅列されており、私が聞いたことないような単語があり、その単語に注釈がついているわけでもないので、本当にちんぷんかんぷん。
これはちょっと文章に問題があるんじゃないの?と言おうものなら、大学時代の研究テーマみたいなものまで語られて、さらにちんぷんかんぷん。
だから要は何が言いたいの?と聞いても、一言や一文で纏められず、永遠に話すのではないか?と思ってしまうほどのマシンガントークが炸裂します。

ふぅー
私も文章力があるわけじゃないので、ちょっと本からの知識を引用すべく、この本に手に取りました。これも後輩のため!

で、内容ですが、うんうんと唸ってしまい、妙に後輩がしていることとだぶる部分まで指摘されており、感心してしまいました。
私自身の勉強にもなりましたし、後輩へのアドバイスを得たというより、後輩があのような文章を書いてしまう深層心理が分かったような気がします。
特に、「難読漢字や外来語を知っていて使いこなせることが、頭の良さの証しであるかのように思われている。これは日本人全体の傾向と言って間違いないだろう。」は、素晴らしい指摘だと思いました。後輩にズバリ当てはまります。自分は頭が良いんだ!これが分からないのは頭が悪いんだ!と思っているのでしょう。ですので、私は馬鹿扱いされている可能性がありますが。。。
しかし、樋口裕一氏はこう書かれています。
「難しい言葉や表現はむしろわかりにくくなるので、無理して使うべきではない。」
その通りだ!!!
分かりにくくしているだけだ!
声高にして後輩に言いたい!
と言うか読め!この本を!

明日読ませよう!

何だか、愚痴っぽくなってしまいました。すみません。
この記事を見直すと自分が読んで、推敲しろよ!って言わなきゃいけないですね。
もう一度、読み返して、自分の文章力をあげるよう鍛えます。



応援よろしくお願いいたします。
posted by haem at 10:00| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月20日

コメント力(齋藤 孝)

最近、よくテレビで見かける齋藤孝教授の著書「コメント力」を紹介したいと思います。

コメント力、あまり聞かない言葉ですよね。
最近は、斎藤教授が広めているので、定着しつつある言葉ですが、
学校の授業で習うわけではないですし、そんな教科はないですから。

しかし、社会人になると否が応でもこの力は必要になることを思い知らされます。
今まで意識したことがない力ですから、自然に鍛えられている方もいらっしゃれば、全然ダメっていう方もいらっしゃると思います。

この本は、今まで意識しなかったコメントという力を意識させ、向上させることが目的とされています。
どうやったら、コメントがうまくなるか?
この疑問に答えてくれます。

まずは、人まねをしてみることが一番手っ取り早いことから、さまざまな著名人の心に残るコメントがたくさん掲載されており、どう素晴らしいのかが解説されています。
私もこれを見て、どこかで使ってやろうと思える決め台詞がたくさんありました。
なかなか言えないでしょうけどね。
なんか、そんなこと言ったら、キャラ変わったよね?とか突っ込まれてしまいそうですから。
でも、あんなこと言えたらかっこいいよなーって思います。
TPOを間違えなければですけど。

この本の面白いところは、漫画も題材にされているところです。
「天才バカボン」のバカボンパパや「エースをねらえ!」の岡コーチ、「ムーミン」のスナフキンとさまざまなキャラクターのコメントについても書かれています。
こんな切り口であのキャラクター達のセリフをコメントとして捉えて、解説している本なんて見たことありません。

私も漫画のキャラクターのセリフは大好きですから、よく覚えています。
私は大のJOJO好きで、特に承太郎のセリフは頭に刻み込まれています。
第4部で、仗助の父親が殺され、自分の能力で必死に生き返らせようとする仗助に言ったあの承太郎のセリフ「人間は何かを破壊して生きているといってもいい生物だ。その中でお前の能力はこの世のどんなことよりも優しい」。かっこよすぎです。本当にその通りだと思いました。
JOJOは擬音で有名ですが、コメント集だと言っても良いくらい、さまざまな名コメントを残しています。

まー私の話はさておき、コメント力から一つ引用して、試していることがあります。
それは、食べ物を食べたときの感想を「おいしい!」や「うまい!」といった言葉を使わずに表現することです。
やってみるとこれが本当に難しい!
みなさんもやってみてはいかがですか?
この他にもコメント力を鍛える方法が満載です。



応援よろしくお願いいたします。

posted by haem at 12:43| ☀| Comment(5) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月03日

東大生が書いたやさしい株の教科書(東京大学Agents)

今日は、中国出張中に読破した本の第2弾です。
またまた、株の本ですが、「東大生が書いたやさしい株の教科書」です。

Amazonの評価は結構辛口ですが、私にとっては非常に勉強になりました。
「3万円ではじめるネット株―「超」少額投資で株入門!」を読んだだけでは、すぐに投資ができるとは自分で思いませんでしたが、この本を読んで、証券会社を本格的に選び始め、株式関連の雑誌も読むようになりました。
(因みに、「日経マネー」を読んでいるのですが、これがなかなか難しいです。もうちょっと敷居の低そうな
「DIAMOND ZAI」とか「あるじゃん」にするべきだったと後悔しています。。。)

本の内容ですが、東大生が集まって作った投資クラブで得た知識を会話形式で分かりやすく表現されています。
「3万円ではじめるネット株―「超」少額投資で株入門!」も非常に分かりやすいのですが、この本は本当にネットトレードをすることにフォーカスがあたっているので、株についての詳細な情報が少ないです。
これを補ってくれるのが今回紹介している、「東大生が書いたやさしい株の教科書」です。
株式投資のための知識だけでなく、この投資クラブが考える投資へのモデルも書かれており、参考になります。
これから株式投資を始めようと思っても、まず証券会社に申し込んで、お金を入れて、買いたい株を選んで、株を買って・・・っとそれで一体投資と言えるんでしょうか?
あくまで投資ですから、ゴールを利益を得なければなりません。もちろん、損をすることもあるでしょう。結局、負けてはいけないのです。株式投資をしている周りの方々にです。
いかに情報を集めるか?自分の中での投資のルールが作れるか?こういったことを行わなければ勝てる投資はできないことを教えてくれます。
結局は、自分で考えるしかないということになるのですが、その考えにいたるまでの一助となってくれることは間違いないです。

これから実際に投資をしていこうと思っていますので、それも記事にしていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。(別のブログを作ろうかな?)



応援よろしくお願いいたします。

posted by haem at 13:19| ☁| Comment(1) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月18日

3万円ではじめるネット株―「超」少額投資で株入門!

今日は、今までとは毛色の違う株についての本を紹介したいと思います。
中国出張中に読破した本の一つです。
「Yahoo!ファイナンスではじめる株のある生活」に続く、ディー・アートの「株」本、第2弾になる「3万円ではじめるネット株―「超」少額投資で株入門!」です。

株式には、前々から興味があって本屋に行くと関連本を探すのですが、どれも難しそうな内容で、初心者には取っ付きにくく、なかなか始められませんでした。
そして、ようやく初心者の私でも読んで理解できそうな本を発見しました。
それが、「3万円ではじめるネット株―「超」少額投資で株入門!」です。
まず、3万円でというところに魅かれました。初心者の私からすると株は博打であり、興味はあるけれども損をしそうで怖い。かなり高額な資金を投入しなければならないので、私には出来ないという固定概念がありました。そんな概念をタイトルで払拭してくれた株式の本は、この本だけだと思います。当然、中身も初心者が本当に3万円から株式投資を始めるところまでが書かれています。もちろん、株は博打性がありますので、この本を読んだから儲かるということではないのですが、3万円から始めるということは間違いなく出来ます。そして、今はブロードバンド環境が整っていますので、いちいち証券会社に出向いたり、電話したりしなくてもインターネットで株式の売買をすることができます。それをネット株と呼び、この本もそのネット株に焦点があたっています。ですので、資金を3万円もって、ブロードバンド環境が家に整っているのであれば、すぐにでも株式投資を始めることができます。(実際には、証券会社への申し込みに時間がかかったり、買う株を決めたりといろいろあるので、明日には株が買えるということにはならないですが。)

私の会社では、損益計算書であったり、貸借対照表といった財務諸表が回覧のようなもので、回ってきます。私は一応SEですから、そんなものがぽっときても、はっきり言ってさっぱりです。だからと言って、読み方を誰かが教えてくれるわけではありません。せっかく回ってきている資料が読めないなんて!ましてや、このまま会社の財政状況を理解できないのが悔しくて、財務諸表を読めるようになることを目的に日商簿記3級を取得をしました!
勉強を始めてみると、簿記は非常に面白いです。内容もさりとて、最近、システムの本ばかり読んでいた自分には新鮮さが面白さを引き立てました。本当に止まらなくなってしまって、日商簿記3級の資格を取るだけでは足らず、会計学にまで興味を持ってしまって、「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」を始め、山田真哉氏の著書を読み漁りました。(これらの本についても近々コメントしたいと思います。)そして、ついには株にも興味をもったのです。しかし、株に興味はもったものの、簿記や会計学より敷居が高く、本当になかなか自分にあった本が見つけられなかったのです。ようやく見つけたときは感動しました。というか新刊だったので、ようやく出たかという感じですかね。
読み終わった今、すぐにでも株式投資を始めようかとも思いましたが、もう少し株式について掘り下げた知識を身に付けてからにしようと思います。
すでに本は購入済みで、今読んでいる途中です。
この本も読み終わったら、コメントします。

とにかく、この本は株を始めてみたいなーと思っている初心者の方にはオススメです!

4886487416.09.MZZZZZZZ.jpg


応援よろしくお願いいたします。

続きを読む
posted by haem at 10:30| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月02日

最新宇宙論と天文学を楽しむ本(佐藤 勝彦)

今日は、ちょっと趣向が違う本を紹介したいと思います。
私は星を見るのが好きで、というとなんだかロマンチストに思われてしまいそうですが、そう好きではないんです。星を見て研究をするというのが天文学(単純にそれだけではないですが。)で、そんなことはお金にもならないのに学問として、そして、仕事として成り立っていることがなんだか日常生活とすごくかけ離れているので、この分野のことに接すると落ち着くんです。何を言っているのかわからなくなってしまいました。。。生活に何の役にも立たないことをお金をかけて、宇宙の誕生のことなどを考えたり知ることは、ちょっと高尚な気分になったりします。宇宙論や天文学が何の役にも立たないわけではありませんが、一般の人が一生踏み入ることがなくても生活に支障をきたすことなどないでしょう。それが良いのです。私の中ではもっともストレスを感じることなく、楽しめる分野なのです。
そんな分野ですが、学問的な数式であったり、考え方は非常に難しいことばかりです。その難しい数式や考え方を身近な疑問から解き明かしてくれるのが今回紹介する「最新宇宙論と天文学を楽しむ本」です。その名の通り、楽しむことが出来る本ですので、気軽に読むことができます。深く知りたいという方にはオススメしませんが、入門するにはもってこいだと思います。宇宙はどうやって誕生したのか?ブラックホールってなに?光の速さって?さまざまな疑問に答えてくれます。

4569572995.09.MZZZZZZZ.jpg


応援よろしくお願いいたします。

posted by haem at 09:19| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月24日

さおだけ屋はなぜ潰れないのか?(山田 真哉)

本業は、SEをやっているのですが、
最近、読む本は仕事とはほど遠い本を読むことが楽しくて、いろいろ読み漁っています。
今日は、会計の入門書を読むきっかけを作ってくれる「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」を紹介したいと思います。

タイトル通り、非常に身近な疑問から会計学とはどんなものなんだ?ということを説明してくれます。会計学=数学・数字という数式が自然と出来上がってしまっている人には、数学がだめ=会計学がだめの数式も成り立ってしまいます。そういった数式が成り立っている方、数学嫌いの方が読んでも、すいすいと読めてしまうように難しい会計用語をなるべく平易なものにして、表現されているので、会計学が食わず嫌いにならないようにしてくれる本です。
私の場合は、数式があてはまるわけではないんですが、「さおだけ屋はなぜ潰れないか?」というタイトルにつられて買ってしまいました。
買った動機が会計学をやりたいからではないので、これから本格的に会計学をやろうとは思いませんが、会計学の入門書を読んでみてもいいかな?と思わせてくれました。
また、話の幅を広げる意味でも、良書だと思います。

4334032915.09.MZZZZZZZ.jpg


応援よろしくお願いいたします。

続きを読む
posted by haem at 07:22| ☁| Comment(4) | TrackBack(56) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月12日

会社を変える戦略(山本 真司)

先日、「30歳からの成長戦略」を読んで感銘を受け、著者「山本 真司」氏の本を読み漁ろうと決意したので、その第二弾として、「会社を変える戦略」を読みました。

4061496425.09.MZZZZZZZ.jpg


これが正しい企業改革だ!

戦略的コスト削減とは何か。
「選択と集中」実行のツボは。
最新経営手法を上手に使って強い会社に変える、エグゼクティブ必読の超具体策。

富を生み出すエンジンに点火せよ――
「デイビッド、先日のスピーチで宣言した、私の3つの改革は覚えているね?」
「コスト削減、選択と集中、有事の組織の構築でしたね」
「それにコミュニケーション戦略の実行を加えたい。私の考えでは、
1.『コスト削減』で競争力回復の初速を稼ぎ、
2.『選択と集中』で富創出のエンジンに点火し、
3.『有事の組織』で平安の眠りから民を目覚めさせ、
4.『コミュニケーション戦略』で従業員の心を揺さぶる
――この4つで、わが社の一気呵成の改革を狙いたいんだ」
「面白そうですね。ジムの経営の原理原則が浸透すれば、そしてジムがその原理原則にかなった行動を取りつづければ、成功できると想います」――(本書より)

応援よろしくお願いいたします。

続きを読む
posted by haem at 23:35| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月07日

主婦もかせげるアフィリエイトで月収50万(小林 智子)

私は、このブログを更新することを非常に楽しんでいて、まだまだ少ないですが、記事に対するコメントがあったりするとそれはそれは飛び上がってしまうほど、大変嬉しいです。誰かが読んでくれていて、それに対してコメントをくださってくれているんですから次も応えたくなります。多少なりともどこかの誰かが記事を期待してくれているのであれば、期待を裏切ることをしたくありません。
しかし、最近アフィリエイトという言葉がネット上に踊っていて、あまりよく分かっていないのになんとなく興味を持って始めてしまって、儲かるものだと勝手に勘違いしていました。このアフィリエイトをなんとなく始めてしまって以来、儲かるものだと思い込んでいたので、儲からないとなんだか憂鬱な気分になってブログを更新するのが嫌になってしまっている自分がいました。もともとブログのタイトル通り、自分の好きなものをジャンルを問わず紹介していきたいと思って始めたものが金儲けのためになってしまっているのではしょうがないですよね。どう考えても記事を見てくれている方の期待は裏切っていると思います。反省しています。ただ、これだけネット上にアフィリエイトという言葉が踊っているのは、単に金儲けのためだけにあるものではないはずです。アフィリエイトについてもっと知りたいと思い、いろいろ本を探してみました。結果、今回紹介させていただく「主婦もかせげるアフィリエイトで月収50万」という本に辿り着きました。

4396612400.09.LZZZZZZZ.jpg

続きを読む
posted by haem at 10:23| ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月06日

40歳からの仕事術(山本 真司)

先日、「30歳からの成長戦略」を読んで感銘を受け、著者「山本 真司」氏の本を読み漁ろうと決意したので、その第一弾として、「40歳からの仕事術」を読みました。

4106100584.09.LZZZZZZZ.jpg


ランキングにご協力お願いいたします。

続きを読む
posted by haem at 09:55| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月23日

30歳からの成長戦略(山本真司)

初めて小説以外の本を紹介します。
今日は、ビジネス本にあたると思いますが、「30歳からの成長戦略」を紹介します。

非常に素晴らしい本です。Amazonのコメントを見ていただいても分かると思いますが、最近多くなった辟易してしまうようなビジネス本とはまったく違います。私はまだ30歳になっていませんが、20代から読んでもためになる本です。

ランキングにご協力お願いいたします。

続きを読む
posted by haem at 15:46| ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。